シラバス
【副題】恋愛と結婚愛の人間像
【授業概要】
「恋愛で燃焼し、結婚で子孫と資産獲得、でも離婚は不可能」というのが、16-17世紀のイギリスの男女の愛についての考え方でした。結婚は、燃焼する恋愛とはあくまで別物で、子孫を残すための仕組みでした。これが19世紀頃から変化します。夫婦はロマンチックな関係にあり、互いにわかり合い、深い親密度をもった結婚愛を持つのがよいという観念が支配的になっていきます。比較文学の視点を取り入れ、時代を横断しながら、恋愛と結婚愛をテーマとした作品を取り上げます。授業はともに対話しながら考えていく形式で進みます。なお、対話の前提としては、次の四項目があります。(1)取り上げる作品の通読、(2)各作品の考え方・価値観についての「200字意見文」、(3)各作品の部分暗誦、(4)授業内容についての小テスト。

【到達目標】
1. [実用的教養]他者理解は共通の文学的知識が重要な役割を占めていることを理解する。
2. [多元的視点]同一の国であっても時代により常識が異なっていることを理解し、現在の常識を尺度として他国・他時代の常識を価値付けないようになれる。
3. [コミュニケーション・スキル]自分の考えを伝えるには、論理的な意見表現、限られた枠内(時間・スペース)での意見表明、相手を魅了する編集力が必要であることを理解する。

【授業計画】
1. 恋愛は結婚に至らない、結婚は恋愛を保てない:
Gillian Flynn, Gone Girl (2012) , 村上春樹『ノルウェーの森』(1987)
2. 聖書が示す恋愛と結婚愛:
John Milton, Paradise Lost (1664) 第4および6巻:
3-5. 恋愛にはパタンと教養が必要:
William Shakespeare, Romeo and Juliet (1595):
6. 中間発表 (1):小テスト, 意見文発表, 作品暗誦
7-8.深い相思相愛は結婚愛へと成就しない:
Emily Bront?, Wuthering Heights (1847)
9-10.恋愛から結婚へと主導権を握る女性
William Shakespeare, The Merchant of Venice (1598)
11. 恐るべき女の愛の力
John Keats, "La Belle Dame Sans Merci" (1884):
12. 中間発表 (2):小テスト, 意見文発表, 作品暗誦
13-14. 地位と安定を目指す結婚が永続する不思議
Jane Austen, Pride and Prejudice (1813)
15. 恋愛と結婚観の総括および小テスト

【授業時間外の学習 (準備学習等)】
[予習]授業で取り上げる文学作品は通読しておくこと。映画については事前視聴は不要です。原書・翻訳の情報は以下のサイトを参照:
1.授業の準備として、テキストおよび資料の該当箇所を予習すること。2.特に、初見の言葉や概念などについては、必ず調査をすること。3.該当箇所全体の要旨をまとめておくこと、同時に質問箇所を明確化すること。

【評価方法】
レポートによる評価(80%)小テスト(20%)

授業に必要な前準備、予習・復習・レポート課題等の宿題など、授業時間外での学習について、書名や学習範囲
等具体的に記述するようにしてください。
?

【副題】恋愛と結婚愛の人間像
【授業概要】
「恋愛で燃焼し、結婚で子孫と資産獲得、でも離婚は不可能」というのが、16-17世紀のイギリスの男女の愛についての考え方でした。結婚は、燃焼する恋愛とはあくまで別物で、子孫を残すための仕組みでした。これが19世紀頃から変化します。夫婦はロマンチックな関係にあり、互いにわかり合い、深い親密度をもった結婚愛を持つのがよいという観念が支配的になっていきます。比較文学の視点を取り入れ、時代を横断しながら、夫婦関係と離婚をテーマとした作品を取り上げます。授業はともに対話しながら考えていく形式で進みます。なお、対話の前提としては、次の四項目があります。(1)取り上げる作品の通読、(2)各作品の考え方・価値観についての「200字意見文」、(3)各作品の部分暗誦、(4)授業内容についての小テスト。

【到達目標】
1. [実用的教養]他者理解は共通の文学的知識が重要な役割を占めていることを理解する。
2. [多元的視点]同一の国であっても時代により常識が異なっていることを理解し、現在の常識を尺度として他国・他時代の常識を価値付けないようになれる。
3. [コミュニケーション・スキル]自分の考えを伝えるには、論理的な意見表現、限られた枠内(時間・スペース)での意見表明、相手を魅了する編集力が必要であることを理解する。

【授業計画】
1. 離婚に運命づけられた結婚、破綻の理由がある結婚:
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』(1987), 『クレイマー、クレイマー』(Kramer vs. Kramer) (1979) , 
2. 聖書にみる妻の裏切りと和解:
John Milton, Paradise Lost (1664) 第9および10巻
3. 聖書にみる妻の裏切りと離別:
John Milton, Samson Agonistes (1671)
4-5. 夫の嫉妬と妻の嫉妬は真逆:
William Shakespeare, Othello (1602):
6. 中間発表 (1):小テスト, 意見文発表, 作品暗誦
7-8. 離婚できないキリスト教と離婚ができるキリスト教
William Shakespeare and John Fletcher, Henry VIII (1623)
9-10. 重婚は罪、しかしそこに結婚愛がある:
Charlotte Bront?, Jane Eyre (1847)
11. 相思相愛という幻想:
Robert Browning, "Love in a Life" (1855)
12. 中間発表 (2):小テスト, 意見文発表, 作品暗誦
13-14. 性格の不一致なら離婚するのが女性の権利:
Rachel Cusk, Aftermath: On Marriage and Separation (2012)
15. 夫婦関係と離婚観の総括および小テスト

夫婦と離婚の人間像











 参考図書   
 英詩 石井庄之助『英詩の世界』(大修館),  新井明『英詩鑑賞入門』(研究社)  
 小説 サンドラ ギルバート ,スーザン グーバー 『屋根裏の狂女―ブロンテと共に』  
 家族社会学 山田昌弘『近代家族のゆくえ』,
 
 夫婦観 賀茂美則『家族革命前夜(イブ)』
フランチェスコ・アルベルローニ  『死ぬまで続く恋はあるか』
善積京子編『結婚とパートナー関係 問い直される夫婦』
 
 結婚観  ローレンス・ストーン『家族・性・結婚の社会史―1500年‐1800年のイギリス』  
 女性観 ヤーロム 『妻の歴史』  
 

 授業資料     
 1. 離婚に運命づけられた結婚、破綻の理由がある結婚
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』(1987)

『クレイマー、クレイマー』(Kramer vs. Kramer) (1979)

PDFファイルを完全に入れ替えました。現在はダウンロードしたPDFで、すべてのページが読める状態になっています。
   ファイルが読めない場合には、メイルをお送りください。(10月25日)
 200字意見文:『ねじまき鳥クロニクル』午後4時以前と4時以降
(1)課題ファイル
(2)選んだ課題について意見を原稿用紙に書きなさい。
200字原稿用紙  
(3)記載した原稿用紙は、授業時(10月14日水)に提出すること。
(4)学籍番号・名前は原稿用紙欄外右下に記載すること。
 
 2. 聖書にみる妻の裏切りと和解::
   ◇John Milton, Paradise Lost (1664) 第9および10巻 
  ◆翻訳: ミルトン『失楽園 上』(岩波文庫) あるいは新井明『楽園の喪失』
   
  (1)性格不一致の離婚を提唱したミルトンと『失楽園』 (授業スライド
                                完全版 授業二回分含む
     
     キリスト教の結婚観と古典の恋愛(ワークシート)

    
  (2) 授業ビデオ(補講日10月14日)[FLV形式]
     Part01 Part02 Part03 

     ビデオを再生できない場合には、FLVPをダウンロードし、再生して下さい。
       http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se393322.html

 200字意見文:『失楽園』女性の誘惑に負けて
(1)課題ファイル
(2)選んだ課題について意見を原稿用紙に書きなさい。
200字原稿用紙  
(3)記載した原稿用紙は、授業時(10月22日木)に提出すること。
(4)学籍番号・名前は原稿用紙欄外右下に記載すること。
 
 ■ 作品暗誦■ 

(1)自分で暗誦場面を動画で撮り、下記にアップしてください。
暗誦対象作品:
Paradise Lost Book 1:1-10


https://fx.nanzan-u.ac.jp/public/ELEQAATMpUXAfkEBw8dQAWWSZqWTDSm2r4oQwEhm-dE4
(2)PWは授業時に教えたものを使ってください。


(3)ファイル名は学籍番号苗字にしてください。
例 2012FB100Suzuki

(4)ファイルアップロードの〆切  10月28日(水)正午
模範朗読 
https://www.youtube.com/watch?v=0hu8p-NYSkE

 
3. 聖書にみる妻の裏切りと離別
John Milton, Samson Agonistes (1671)
   ◆翻訳: 新井明『闘技士サムソン』
4. 不倫をめぐる夫婦
William Shakespeare, Othello (1602)
◆翻訳: 松岡和子訳『オセロー』―シェイクスピア全集〈13〉 (ちくま文庫)
      福田恒存訳『オセロ』(新潮文庫)


200字意見文:『オセロ-』 妻を賢く愛するには
(1)課題ファイル
(2)選んだ課題について意見を原稿用紙に書きなさい。 200字原稿用紙
(3)記載した原稿用紙は、授業時(11月19日木)に提出すること。
(4)学籍番号・名前は原稿用紙欄外右下に記載すること。


補講授業ビデオ  Part01 Part02 Part03
 
5. 中間:
小テスト  穴埋め問題 10月29日(木)授業時

 

6. 離婚できないキリスト教と離婚ができるキリスト教

William Shakespeare, Henry VIII (1613)
◆翻訳 小田島雄志訳『ヘンリー八世』 白水Uブックス [Kindle版] あるいは 中野里 皓史訳『ヘンリー世』 (筑摩 世界文学全集)


 


7. 重婚は罪、しかしそこに結婚愛がある

Charlotte Bronte, Jane Eyre: An Autobiography (1847)
◆翻訳 河島弘美訳『ジェーン・エア』 岩波文庫 [Kindle版] あるいは 吉田健一訳『ジェーン・エア』 (集英社文庫)


200字意見文:『ジェーン・エア』 セント・ジョンからの求婚拒絶
(1)課題ファイル
(2)選んだ課題について意見を原稿用紙に書きなさい。 200字原稿用紙
(3)記載した原稿用紙は、授業開始時(12月10日木)に提出すること。
(4)学籍番号・名前は原稿用紙欄外右下に記載すること。




8. 相思相愛という幻想:
Robert Browning, “Love in a Life” (1855)


作品暗誦■ 
(1)自分で暗誦場面を動画で撮り、下記にアップしてください。
暗誦対象作品:
Love in a Life

https://fx.nanzan-u.ac.jp/public/7LPcAAqM0IXArRQBx2tRHV6pemSefh3JT5pSdqAG3jhg

(2)PWは授業時に教えたものを使ってください。
開始s 末尾5

(3)ファイル名は苗字名前をひらがなで記載にしてください。
例 なんざんたろう

(4)ファイルアップロードの〆切  12月29日(火)正午


(5)参考:朗読ファイル

 http://www.dailymotion.com/video/xjxgpk_robert-browning-love-in-a-life_creation


 

9. 離婚による精神的確執
Racael Cusk, Aftermath: On Marriage and Separation (2012
)










 Photographed by Katherine Rose 











































































































更新日 2016年1月7日