Top Page (誤解と理解)

 Home Page
(形像文化の世界へ)

ようこそ。 西洋文化と日本文化の接点を、誤解と理解という視点から眺めています。

鈴木繁夫
 

英語感覚

Grammatical Misunderstandings >> 記事詳細

2018/05/03

「ショーはいつ始まるのか?」現在形

Tweet ThisSend to Facebook | by geoschita

 アメリカではサーカスは町の一大イベントです。私も子供を連れて、波止場近くの空き地で開かれるサーカスに行きました。サーカスのショーが始まるまでまだかなり時間があったので、波止場を歩いていると、たまたま向こうからもアメリカ人の親子連れが歩いてきました。

 アメリカ人の父親が私に向かって、ショーは何時に始まるのかと尋ねられました。

(1) Do you know when the show starts?

 この英語を聞いてみなさんが不思議に思いませんか。なぜならショーが始まるまでまだ時間があり、ショーは未来の時点で始まるからです。未来のことをいうのですから、willを使って、

(2) Do you know when the show will start?

が、ただし英語ではないかと思うのではないでしょうか。

 正しい英語は(2)ではなく(1)です。なぜでしょうか。ショーが始まる時間は1観客である私の意思によって決めることができず、またショー主催する側もなんら特別な事情もないのに、既に公に宣言しているショーの開始時間を変更することはできません。

 このように個人の意思とは無関係で、過去も今も未来でも変わらないような事実をいう時には現在形を使います。

 未来の時点のことをいう時には will を文の中に入れるという機械的な覚え方を中学校で習うと、未来の時点のことをいうのに、文中にwill を入れないというのは、落ち着きが悪く感じるかもしれません。しかしこれは2つの点で誤解があります。

 第一に、現在形という名称です。現在形というからには現在のことをいうのであって過去や未来のことを言及することはできないと考えるのが普通でしょう。しかし英語の現在形は、現在のことだけではなく、先ほど述べたように、過去・現在・未来も変わらないような事実をいう時には、現在形を使います。ですから、

I love you.

これはいま現在、あなたを愛しているという意味でしょうか。もちろん違います。この言葉を発する前の過去も、またこの言葉を発した後の未来においてもあなたを愛しているという事実を断言しているのです。

 第二に未来のことを現在形でいえるのは、英語には過去形はあっても、未来形がないからです。willがあるではないかと思うかもしれませんが、willは動詞を未来形にするための機能語ではなくて、will という言葉を使っている話し手・書き手の確信を表しているに過ぎません。この点についてはこのサイトのタグで助動詞を検索し、willの項目を見てください。

08:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 時制