Top Page (誤解と理解)

 Home Page
(形像文化の世界へ)

ようこそ。 西洋文化と日本文化の接点を、誤解と理解という視点から眺めています。

鈴木繁夫
 

英語感覚

Grammatical Misunderstandings >> 記事詳細

2018/12/12

everは「今までか」(2) どんなときでも

Tweet ThisSend to Facebook | by geoschita

 時間は直線で流れると意識されるが、その直線には開始点と終点とがあるはずだということもあわせて意識されるます。
 everという単語は「今までに」という意味で辞書の冒頭で説明され、

Have you ever been to the Philippines?

              今までにフィリピンに行ったことがありますか。


 
といったような例文が出ているはずです。そしてその後に、疑問文・条件文では「いつか」、否定文では「どんなときでも」、副詞・形容詞を修飾して「今までよりも」などといった文別の訳語や修飾による区別で訳語があてられています。こうした細かいことを覚えるよりも、  everの本来の意味が、「いついかなる時点でも」であり、時間の開始点と終点をどこに取るかによって、このいついかなる時点でも」の訳語が変わってくると考えるほうがはるかにすっきりします。


01:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 副詞