Top Page (誤解と理解)

 Home Page
(形像文化の世界へ)

ようこそ。 西洋文化と日本文化の接点を、誤解と理解という視点から眺めています。

鈴木繁夫
 

英語感覚

Grammatical Misunderstandings >> 記事詳細

2018/12/13

時間差か同期か (1) 直線上の開始点と終点

Tweet ThisSend to Facebook | by geoschita

 時間の流れは直線として意識され、過去・現在・未来の3つの領域があります。



こんなことは言われるまでもなく、当たり前ではないかと思うかもしれませんが、日本語の表現は、こういう原則を守っていません。たとえば、「先月、君は二回欠席している。」という日本語ではいいますが、「欠席している」という現在形と、「先月、二回欠席」という過去の事柄を示す時間がここでは同時に共存しており、時間が直線的に流れるという大原則が破られています。英語でなら、この文の内容は、

 

You missed my class twice last month.

 

というように、過去形でしか表わせません。

また「今、食べ終わった。」という表現は、「今」が現在ですが、「終わった」は過去形で、ここでも現在と過去と共存していますが、さきほどとは少し違って、食べ始めた開始点と食べ終わった終点とが、明確に意識されていないことが感じられると思います。
 ところが英語では開始点と終点が意識されます。
時間は直線に流れることに加え、流れのどこかに開始点、そしてそれが終わる終点も意識されます。

 開始点・終点を今、私がいる時点からみて、開始点は過去・現在・未来のいずれかにもなり、また終点は開始点よりも後の時点の過去・現在・未来になります。開始点と終点とをどこに取るかは、下の図のように7通りあります。


05:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 時制