Top Page (誤解と理解)

 Home Page
(形像文化の世界へ)

ようこそ。 西洋文化と日本文化の接点を、誤解と理解という視点から眺めています。

鈴木繁夫
 

お知らせ

■同一の歌・篇あるいは同一の巻からの記事の場合、最初の段落はほぼ同じ内容が記載されていることがあります。
■ラテン語はローマ字読みでも西欧人に通じます。しかし、ラテン語の母音は長く読むものがあり、それをきちんと踏まえた方が正確な読みに近づきます。また詩では、韻律の関係から、単語の末尾の母音などが省略されることがあります。読み方に<詩>とあるのは、韻律を踏まえた読み方です。
 

Witty Remarks in Latin

ラテン語格言 >> 記事詳細

2019/02/25

年の功

Tweet ThisSend to Facebook | by geoschita
Seris venit usus ab annis
セーリース・ウェニト・ウースス・アブ・アンニース
「歳を取ると役立つことがある。」(オウィディウス『変身物語』6巻29行)

 機織りの技を誇るアラクネーは、その技を授けてくれたのが女神ミネルウァだと認めようとしなかった。女神は、自分の神威がないがしろにされているばかりか、ないがしろにされながらアラクネーが罰を受けないことに憤りを覚えて、アラクネーの真意をただそうとする。女神は老馬に変装し、アラクネーの元を訪れ、女神には一歩譲る必要があるという忠告をする。その仲保句をするにあたっての口火が、引用の言葉。
 日本では、老人がその経験にもとづいてよい解決策やうまい忠告をするときに、「亀の甲より年の功(こう)」というが、引用の言葉にこれにあたる。なお、本来は功は劫(こう)で、劫はとてつもなく長い時間をいう。亀は万劫を経て仏になるというのが下敷きになっている。
 
ローマ皇帝ディオクレティアーヌス (イスタンブール考古学博物館)
自発的に退位した初めてのローマ皇帝。退位61歳、享年65歳。以後は、ローマではなくクロアチアのスプリットで隠棲した。
02:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)