Top Page (誤解と理解)

 Home Page
(形像文化の世界へ)

ようこそ。 西洋文化と日本文化の接点を、誤解と理解という視点から眺めています。

鈴木繁夫
 

お知らせ

■同一の歌・篇あるいは同一の巻からの記事の場合、最初の段落はほぼ同じ内容が記載されていることがあります。
■ラテン語はローマ字読みでも西欧人に通じます。しかし、ラテン語の母音は長く読むものがあり、それをきちんと踏まえた方が正確な読みに近づきます。また詩では、韻律の関係から、単語の末尾の母音などが省略されることがあります。読み方に<詩>とあるのは、韻律を踏まえた読み方です。
 

Witty Remarks in Latin

ラテン語格言 >> 記事詳細

2019/08/23

真意を見抜く

Tweet ThisSend to Facebook | by geoschita

Quantummortalia pectora cæcæ noctishabent.

クワントゥム・モルターリア・ペクトラ・カエカエ・ノクティス・ハベント

「ひとの胸には、盲目の夜がなんと多く占めていることか。」(オウィディウス『変身物語』6472-3)

神であれば人の真意を見通すことができても、人間となると、相手の真意がどこにあるのか突き止められず、まるでその理解力が及ばない暗闇を見ているようだということ。

この言葉は、トラキア王テレウスがその真意を隠して言葉巧みに説得している有り様を見抜けないアテネ[アテナエ]の王パンディオンの態度を、評したもの。テレウスは、義理の父親パンディオンに向かって、その娘フィロメーラをトラキアにしばらく連れて行く申し出をする。しかしテレウスの真意は、パンディオンの娘プロクネーと結婚はしていたが、フィロメーラに一目惚れしてしまったため、トラキアでフィロメーラを陵辱し、そのまま監禁しておこうというものであった。しかしパンディオンは、その真意をまったくつかむことができないまま、テレウスがフィロメーラを連れて行くことに同意してしまう。

 人の真意をきちんと見抜ける人を、兼好法師は「達人」とよんでいる。「達人の人を見る眼は、少しも誤るところあるべからず。」(吉田兼好『徒然草』第194段)。法師は、うそを受け入れる人の態度を十種類に分けて述べたあとで、達人(「道理にあかるい人」)が、人のの心に宿る真意を見抜くことは、手のひらの上にあるものを見るように、至極かんたんなことだと述べている。

左端のコマでは、テレウスが冠をかぶるパンディオンに挨拶している。

中央コマでは、パンディオンがテレウスにフィロメーラを紹介している。

右端コマでは、テレウスが自分の船にフィロメーラを乗船させている。

『オウィディウスに登場する君主の詩的歴史大成』1532



06:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)