Top Page (誤解と理解)

 Home Page
(形像文化の世界へ)

ようこそ。 西洋文化と日本文化の接点を、誤解と理解という視点から眺めています。

鈴木繁夫
 

英語感覚

Grammatical Misunderstandings >> 記事詳細

2012/10/08

sea と oceanは本当はどこが違うのか

Tweet ThisSend to Facebook | by geoschita
中学1年で海 seaという言葉を習いますが、かつて中1では英語の時間にMy Bonnie lies over the ocean という英語の歌を合唱しました。先生は、oceanは大きな海のことで、太平洋はthe Pacific Ocean、それほど大きくない日本海はthe Japan Seaになると教えてくれました。しかしそれでは、なぜMy Bonnie lies over the ocean のすぐ後に、My Bonnie lies over the sea と歌詞が続くのか、同じ海をさしているはずなのに…という疑問がずっとついて回りました。
この疑問を解いてくれたのが、英語学者・渡部昇一先生でした。英語をそもそも使っていた民族がゲルマン人(ドイツ系)であったのに、イングランドは大陸からやってきたノルマン人(1066年)に征服され、そこで支配者たちが使っていたラテン語やフランス語(いずれもロマンス語系言語)がゲルマン系の英語に混じるようになります。こうして英語は言語として一つではあっても、ゲルマン語系とロマンス語系二系統の異なった単語をその体内にあわせ持つことになります。seaはゲルマン語系の言葉、oceanはロマンス語系です。二系統だからこそ、soul(ゲルマン語系)に対してspirit(ロマンス語系)、understand(ゲルマン語系)に対して   comprehend(ロマンス語系)といういわば類語が生じています。
ある単語がどちらの系統かは、ドイツ語・オランダ語あるいはフランス語・イタリア語のどちらか一方の言語を学べば、見当がつくようになります。それが面倒なら、形容詞を名詞にする場合、語尾に-nessと-ityがつくものを思い浮かべて下さい。

kind  ○kindness  ×kindity    (ゲルマン語系)

able   ○ablitiy     ×ableness  (ロマンス語系)

日本語と英語、それぞれの言語の共通点をあげよといわれれば、英語を長年、習ってきても答えにとまどってしまうのではないでしょうか。どちらも二系統の異なった言語が混ぜ合わさってできていると答えるのが正解です。
なおseaについては、次書に興味ふかい説明があります。渡部昇一『日本語のこころ』(講談社現代新書)179-185


16:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)