▶英訳を考える◀【状況:着陸】 月面着陸ロボットは短命


日本のロボットは、無事に月に着陸したが、太陽電池(1)異常があるために(2)任務を果たしても数時間で(3)終わるだろう
◇英訳◇
A Japanese robot has successfully touched down on the Moon, but (1)problems with its solar power system (1)mean  (2)the mission (3)may live for just a few hours. (BBC)

■ここに注目■
【1】《二元対立:漠然⇒具体》 着陸したは、landed on でも可能だが、上から下に舞い降りる down と漠然といっておいて、次に具体的な接触点を on the Moon として示すのが、英語のこなれた表現。
【2】《語法:名詞》 太陽電池は日本語からすると solar batteries だが、電池そのものに問題があるというよりは、太陽電池を含めた電源系統に問題があるので、solar power system. 英語では、いろいろな部分がワンセットになって正常に稼働するものを system と表現する。例 the solar system (太陽系)。
【3】《語法:名詞》 異常は、解決すべき問題と考えて problems.
【4】《構文:無生物主語》 異常があるために任務を果たしても終わるだろうは、日本語にひかれると、”Due to its problems, the complete accomplishment of the mission will be impossible.” のような英文になるが、英語は無生物主語(ものが何かに作用を及ぼすという形式)を多用するので、(1)の部分は、異常は~をあらわす mean (この単語には運命づけられているという意味もあると考え、また(2)については、動詞中心の表現を好む日本語から生じる「果たす」は無視して、任務は終わる the mission ends と考えるか、逆に肯定的表現にして the mission lives とする。


▶英訳を考える◀【状況:世界情勢】責任免除の無秩序New!!
Read more
▶英訳を考える◀【状況:世界情勢】責任免除の無秩序New!!
Read more
▶英訳を考える◀【状況:ヴィジョン・プロ】 従来の機器が不要になる
Read more
▶英訳を考える◀【状況:ニュース源】 ソーシャル・メディアだけでは危険
Read more
▶英訳を考える◀【状況:着陸】 月面着陸ロボットは短命
Read more
▶英訳を考える◀【状況:育児休暇】 昇進にさしさわり
Read more