▶英訳を考える◀【状況:遊説演説】競争相手などへの過度の批判


遊説先でトランプは人を扇動する言葉や差別発言を吐き続け、どぎついイメージを使って、自分の敵や移民をこき下ろしている。
◇英訳◇
Trump has made a series of inflammatory and racist statements on the campaign trail, using violent imagery to lambaste immigrants and opponents. (Reuters)

■ここに注目■
1】《語法:形容詞》 人を扇動するは日本語のアジ演説の連想から agitating を使うと、不平不満を聴衆の心に生み出し行動へと駆り立てるという意味にはなるが、不平不満を生み出す度合いが、inflammatory ほどには強くない。そして inflammatory を使うと、演説者が不平不満ばかりか敵対心までも意図的に焚きつけているという意味合いが出てくる。
【2】《語法:名詞》続けは日本語では動詞だが、英語では主として名詞表現が好まれるので、一連の言葉・発言として a series of になる。代わりに a range of を使うと、扇動する言葉や差別発言の表現が、手を変え品を変えて多岐にわたることになるが、a series of だとだいたいパタンが決まっていることになる。
【3】《語法:名詞》イメージをそのまま images と英訳すると、トランプが絵や映像などを使ったことになってしまう。ここでは、「移民は動物」といった言葉を使ったイメージの喚起なので、 imagery. またもしトランプがバイデンの認知症的老人ぶりを示すような物まねをしたとしても、それは an image ではなく a gesture になる。
【4】《語法:動詞》 こき下ろしは、批判するといった中立的な表現ではなく、感情が過度にこもった言葉による批判なので、lambaste.


▶英訳を考える◀【状況:グローバル化】 抜けてからまた戻るのは難しいNew!!
Read more
▶英訳を考える◀【状況:支援運動】批判者の暴露といういやがらせ
Read more
▶英訳を考える◀【状況:遊説演説】競争相手などへの過度の批判
Read more
▶英訳を考える◀【状況:自然との接触】 生愛というふれあい
Read more
▶英訳を考える◀【状況:抗議集会】警官隊の突入
Read more
▶英訳を考える◀【状況:抗議集会】大学側への要求
Read more