▶英訳を考える◀【状況:先を読む】 賢明だが、時期尚早。


先を読むということは賢明だが、都合のよい未来を描いて、あれをせよこれをせよと命令するのは時期尚早だ。今後のイスラエルには、壮絶な都会戦がまだ控えている。
◇英訳◇
It is sensible to think ahead but premature to give marching orders for the harmonious future. Israel still has intense urban fighting ahead. (WSJ)

■ここに注目■
【1】《語法:形容詞》 賢明であっても、常識的に賢明である場合には sensible. これに対して wise は深い経験にもとづいて~という賢明な判断をしているということ。ここではbut 以下からもわかるように常識的には正しいということで sensible. 
【2】《語法:動詞》 あれをせよこれをせよと命令するは、give marching order. 上官や上司が部下に指示を出して部下にやらせること。


▶英訳を考える◀【状況:支援運動】批判者の暴露といういやがらせ
Read more
▶英訳を考える◀【状況:遊説演説】競争相手などへの過度の批判
Read more
▶英訳を考える◀【状況:自然との接触】 生愛というふれあい
Read more
▶英訳を考える◀【状況:抗議集会】警官隊の突入
Read more
▶英訳を考える◀【状況:抗議集会】大学側への要求
Read more
▶英訳を考える◀【状況:文化遺跡】「痛し痒し」の発見場所
Read more