▶英訳を考える◀【状況:武器供与】 暴力をあおる


イスラエルはこれまでずっと、イランの宗教指導者がハマスに武器を提供して暴力行為をあおってきたと非難してきた。
◇英訳◇
Israel has long accused Iran’s clerical rulers of stoking violence by supplying arms to Hamas. (WSJ)

■ここに注目■
1】《語法:名詞》 あおる風などのモノを勢いづかせることだが、日本語の「暴力」というコトは英語ではモノとして意識化されるので、英訳では stoke violence といえる。ただし和訳の際には 暴力ではなく、暴力行為というモノとして訳す必要がある。
【2】《語法:動詞》 あおるstoke. これは木や石炭などをくべて、すでに燃えているものをずっと燃えさせ続けるというのが原義。車間距離を詰める「あおり運転」(to tailgate)には使えない。


▶英訳を考える◀【状況:グローバル化】 抜けてからまた戻るのは難しいNew!!
Read more
▶英訳を考える◀【状況:支援運動】批判者の暴露といういやがらせ
Read more
▶英訳を考える◀【状況:遊説演説】競争相手などへの過度の批判
Read more
▶英訳を考える◀【状況:自然との接触】 生愛というふれあい
Read more
▶英訳を考える◀【状況:抗議集会】警官隊の突入
Read more
▶英訳を考える◀【状況:抗議集会】大学側への要求
Read more